金のバロット

バロットとは、東南アジアを中心に食される孵化寸前のアヒルの卵を茹でたもの。

近況。

なんか寝れないので近況を書きます。卒展があります。それだけです。もし、校内で『ヒミズ』の住田みたいな奴が見かけたら、それは僕ですね。あとは、余談です。僕は、中3の時に漫画家になりたいと思うようになりました。きっかけは『ONEPIECE』です。ジョー…

『スイス・アーミー・マン』を語る。

『スイス・アーミー・マン』は、2016年のアメリカ映画。死体との友情を描くサバイバルコメディ映画。 ポール・ダノ扮する青年(ハンク)が無人島に遭難し自殺しようしているところにダニエル・ラドクリフ扮する水死体(メニー)が流れ着く。ハンクはメニーに…

東京浪漫と地方コンプレックス

僕は田舎もんが大好きで、特に上京する田舎者は特にツボで。幸せボンビーガールつう番組も好きで好きで。 大学進学で上京して別に似合ってもねえのに髪を染めちゃうなんて可愛らしくて愛せるんだけど、なんのあてもないけど東京行こう。進学とか就職とか関係…

韓国映画「パラサイト」を語る。

僕は韓国映画が好きです。韓国の映画のレベルは日本より上なのは確かです。韓国は世界マーケットで戦うので国内だけでウケる映画では生き残れないのだと思います。 『パラサイト』は、ポン・ジュノ監督作品で主演はソン・ガンホ。恐い映画なのかなと見る前は…

金のバロット 第7話「プライドは腹の足しにならない」

それは朝だった。夜更け前でもあった。僕は久し振りに朝を見た。ここ最近は、4時5時に寝て昼間に起きる生活だった。午後からバイトで22時に家に着き、食べて寝てのグダグダな毎日。大学では展示をやらなきゃならんようでマンガを冊子に纏めなきゃならんのに…

中田敦彦の危険性。彼はデュープスか。

中田敦彦のYouTube大学は「学ぶって楽しい」をコンセプトに、文学、歴史、政治などを紹介し解説するYouTubeチャンネルである。チャンネル登録者数は100万人を超え(現在は非公表)、かなりの影響力が伺える。 中田敦彦は自分には思想がないと言いながらも、…

金のバロット 第6話 「幸福論」

確かに僕は寒さも痛みも感じ取ることは出来るが、この世界はあまりにも不安定で不確か過ぎる。グレーだ。赤ん坊が初めて認識する色はグレーなのではないか。 もしかしたら、この現実は長い夢なのかもしれない。寝て目が醒めるごとに、僕の知らぬ間に、世界は…

金のバロット 第5話「愚行録」

僕は毎日が憂鬱で仕方ありませんでした。なぜなら、完全に落ちこぼれていたからです。 僕は小学生のとき、友達がいっぱいいました。田舎を自転車で駆け巡っていました。輪の中心にいつもいました。でも、そんな友達は中学に上がる節目でいなくなりました。友…

M-1のぺこぱについて思うこと。

『事実など存在しない。あるのは解釈だけだ。』ニーチェ 2019年この年最後のサプライズは紛れもなくぺこぱであろう。M-1グランプリは言わずと知れた漫才の祭典。決勝に進み、テレビでその姿を放映されれば一躍時の人だ。優勝争いをしたコンビの中にぺこぱは…

一年前に描いた下手くそな漫画。R18指定。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 終 …

金のバロット 第4話 『現実逃避は身体に良い』

昨日、内定先の座談会があった。先輩社員が同席し、働いた体験を話すといったところだ。僕は日本から撤退したForever21の服を着て行った。出る価値は、その会合自体になかったが、東京に参るのに。僕の乗る電車は埼玉から東京の行くのに川を渡る。その川の光…

夕焼けが綺麗よ。

冬は日が落ちるのが早くなってきて、その「暗い」様を「クラノスケ」って言ってみたり、渋野日向子のことを「しぶひな」って勝手に呼んでいたりする今日この頃。 前回書いた記事が100ビューくらいいってて驚いた。現実でこんなこと、こんな美しいこと起きて…

言わねばならんこと。

『おやすみプンプン』は一年前に友人から勧められた漫画だった。その時、大学の授業では、デジタル漫画の表現技法の一例として取り上げられていた。友人に一巻を借りて読ませて貰った僕は、新宿、池袋の大きな本屋に向かい、全巻かき集めた。 その漫画は僕に…

おすすめの映画たち

どうせ死ぬなら二度寝で死にたいわ。と、あいみょんの歌詞であって、僕の場合。僕がもし死に方を選べるとすれば、ずっと気になっていた映画を観に映画館に行き、その映画が始まるまでに流れる予告を観ながら死にたいです。そう、映画が始まる前に。だってそ…

世界は偏頭痛。

ごめんなさい。絶望なんかじゃありませんでした。死にたいと本気で思ったこともなく、どちらかと言うとなんか生きたくないという感情が大きいだけです。人間五十年(※)だと思っているだけです。首を吊ろうとしたこともなく、線路へ踏み出そうとしたこともな…

金のバロット 第3話「拾う神でありたい。」

内定者研修から一ヶ月。愛想笑いを、嘘をつく練習をしている。週4でコンビニのバイトをしていて、そこで試みる。上手くなった気がする。10月になってようやく今年の目標が決まった。’’太る’’こと。僕はそうガリガリなのだ。僕は食に対する欲求がない。1日3食…

デスストランディングが退屈だった。

デスストランディングとは、今月に発売されたPS4のゲームである。メタルギアシリーズで知られる小島監督の作品である。ゲームの概要は、物を運び、人と人を繋ぐ。主人公は運び屋で崩壊したアメリカで都市と都市のネットワークを繋ぎ、アメリカ再建を目指すと…

庭には二羽、内には一羽、ニワトリがいる。

来訪2年前の12月。農業高校に通う弟がニワトリを貰ってきた。オス3羽、メス2羽の5羽。ヒヨコよりは大きく、片手に乗る程度のその小動物に大して愛情も湧かず、文鳥が入るようなケースで飼われた。3ヶ月が経ったとき、若鶏に成長したとき、凶暴なオス2羽は高…

僕の好きなツイート。

【日本のどこかにいるあなたへ】今日の午後1時前後から3時過ぎまで、年配の男性からの問い合わせを受けていたインターネットサービスのサポートセンターで働いてる若い女性のあなた。わたしはあなたに問い合わせをしていた男性がいた店で働いていて、あなた…

金のバロット 第2話 「ミルクの中にいる蝿」

俺には分かる ミルクの中にいる蠅その白と黒はよく分かる。俺にも分かる 俺には分かるどんな人か,着ているもので分かる。それくらい俺にも分かる。天気が良いか悪いかも分かる。俺には分かる林檎の木を見れば、林檎だと分かる。働き者か怠け者かも分かるな…

貴方は『ファイアパンチ』を知っているか。

『ファイアパンチ』とは、2016年4月から2018年1月まで、ウェブ「少年ジャンプ+」にて連載されていた漫画である。全8巻。作者は藤本タツキで現在は週刊少年ジャンプにて「チェンソーマン」を連載している。僕はこの作品が大好きである。3年前に出会い、とて…

金のバロット 第1話「ネガティヴはブじゃなくてヴ」

「ネガティヴになっていない?」「ネガティヴに決まっているだろ。」(ジョーカーより)ネガティヴじゃない僕に面白味はあるか?内定者研修。2020年4月の入社予定者は、僕は会社から召集された。25人程が集められ、5人程度のグループで顔を向き合わせ、ビジ…

皇室は男系継承しか許されない。

今日、朝の情報番組で、女系・女性天皇について取り上げられ、竹田恒泰氏が男系継承の意味を説明するが、とある左翼コメンテーターによって議論にもならない事態だった。また、Twitterには竹田氏を気に食わないという理由で女系・女系天皇に賛同し、旧宮家の…

ジョーカーと天気の子にみる共通点

この両者。「アメコミ版アメリカンニューシネマ」と「君の名は。の分岐点」が良く似ているのだ。その共通点をあげていこうと思う。一つ目舞台設置(汚い大都会、社会弱者の主人公)ジョーカーの舞台はゴミ収集のストのせいでゴミだらけのゴッサムシティ。天…

ジョーカーを観た。

先々週、新宿の映画館にて友人とともにジョーカーを観た。そして今日は地元の映画館で一人観た。最初観たときはなんとも消化不良な腹持ちだったが、レビューや解説動画を見るほどに胃液で溶かされ飢え、今日に至った。ジョーカーとはなんだったのか。映画『…

金のバロット

バロットとは、東南アジアを中心に食される孵化寸前のアヒルの卵を茹でたもの。俗に、作家や役者、メダリストなどの特定の才能を持つ存在を目指す、将来有望であろう若人を’’金の卵’’と称することがある。僕は将来、漫画家を目指している。僕もその金の卵の…